証券口座の種類の比較について

これから何らかの投資をしようとする人は、まず最初に証券会社に専用の口座を開設するところから始めることになります。
しかし、何の予備知識もなしに投資を始めようとすると、まず最初の段階で証券口座の種類の問題でつまずくことになるでしょう。

証券会社で開設が可能な証券口座にはいくつかの種類があります。
それらについて理解をし、比較検討することで自分にふさわしい種類の口座を選ぶ必要があります。

最も一般的な証券口座の名称としては、特定口座と呼ばれるものがあります。


この特定口座は、投資によって得た利益を管理するのには便利な仕組みとなっています。

投資で得た利益に対しては、年間を通じて課税されることになります。もし一般口座で投資をしていれば、年度末に自分で確定申告をしなければなりません。
しかし特定口座で運用していれば、証券会社が自動的に計算して税金の支払いを行ってくれます。

そのため手間を考えて比較すると、特定口座の便利さがわかります。

証券口座の比較に対する期待が寄せられています。

しかしこの特定口座においても、源泉徴収なしと言う仕組みを選択することもできます。
この源泉徴収なしを選択すると、納税は自分の手で行うことになります。
自動的に支払いを行ってくれる仕組みと比較すると、一手間多くなりますので面倒になるとも言えますが、収入が20万円以下であるなど少額である場合にはメリットが生じる場合もあります。



ケースバイケースで何が最も良い選択肢となるかは変わってきますので、しっかりと仕組みを理解し比較検討して決めることが大切です。