証券口座の種類とその比較について

近年になって投資はより身近なものになりました。


しかし実際に投資にチャレンジするのであれば、その仕組みについてはしっかりと学んでおかなくてはなりません。

証券口座の比較に関する企業の一覧です。

実際に投資を始めようとすると多くの人が最初に証券口座の種類について悩むことになるのです。
証券口座については大きく分けて特定口座と一般口座、そしてNISA口座という3種類の名称が目に飛び込んできますが、これらについてしっかりと理解しておくことが最初の一歩として重要です。



殆どの場合、様々な比較をしたとしても最終的には特定口座を選択することになると言えます。


この特定口座は証券会社が投資に関する様々な計算や集計を行ってくれる仕組みであり、一般個人が利用する上では非常に助かる仕組みです。
特定口座には源泉徴収ありと無しの二種類が存在していますが、この両者を比較した場合、源泉徴収なしの方にメリットがあるのは年間の利益が20万円以下になる場合に限られます。

そのため源泉徴収ありにしておいた方が便利であると言えるでしょう。


一方近年有名になってきているのがNISA口座です。

これは証券口座の中でも特殊な存在で、非課税口座になっています。
そのため運用できる上限金額も決まっていますし、開設することが出来る証券会社も一つに絞らなくてはなりません。

そのためNISA口座に関してはある程度投資に慣れてきてから最適な証券会社を比較検討して開設するのが望ましいと言えるでしょう。



他の証券口座と違い、気軽に作り直すことは出来ないのです。